事業再構築補助金第12回公募はいつからいつまで?

COLUMN お役立ちコラム

2023.12.15

事業再構築補助金

【2023年12月更新】事業再構築補助金第12回公募はいつからいつまで?スケジュールを解説

事業再構築補助金とは

はじめに、事業再構築補助金の概要を紹介します。

▼事業再構築補助金のHPはこちら
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/
▼事業再構築補助金の無料相談はこちら(2024年度に向けた相談も受付中)
https://planbase.co.jp/lp/saikouchiku/

事業再構築補助金とは

事業再構築補助金 ホームページ

事業再構築補助金とは、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために新市場進出(新分野展開、業態転換)、事業・業種転換、事業再編、国内回帰又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とした補助金です。

具体的にはいままで航空機部品を製造していた会社が医療機器の部品を製造するような取り組みに必要な資金を補助します。2023年から補助金額の上限が最大5億円に引き上げられるなど、補助額の規模が大きく、中小企業の事業者に非常におすすめの補助金となっています。

事業再構築補助金2021年から継続して実施されてきた

コロナ対策として誕生した事業再構築補助金は2021年に始まり、2023年に至るまでおおよそ2~3ヶ月に1度のスパンで継続的に実施されてきました。直近の公募である第11回公募は令和5年8月10日(木) ~ 令和5年10月6日(金)の期間で公募されていました。

上記の通り、第11回公募はすでに終了していることから、次の公募は第12回公募となります。

なお、公募の開始時期について、今までは前回の公募が終了してから比較的速やかに公募が開始されていました。

【参考 過去の公募のスケジュールと締切】

第11回公募
公募開始:令和5810日(木)
応募締切:令和5106日(金)
第10回締切
公募開始:令和5330日(木)
応募締切:令和5630日(金)
第9回締切
公募開始:令和5116日(月)
応募締切:令和5324日(金)
第8回締切
公募開始:令和4103日(月)
応募締切:令和5113日(金)
第7回締切
公募開始:令和471日(金)
応募締切:令和4930日(金)
第6回締切
公募開始:令和4328日(月)
応募締切:令和4630日(木)

事業再構築補助金第12回公募のスケジュール

次の公募である第12回公募ですが、第11回公募が終了してすでに2ヶ月が経過したにも関わらず、未だに公表されていません。(2023年12月15日現在)

今までは早い場合には翌日に、遅いときでも1ヶ月半以内には公募要領が発表されていたことを考えると第12回公募が発表されるのはかなり遅れていると言えます。

その上で事業再構築補助金第12回公募のスケジュールは下記のように予想されます。

公募開始時期 令和5年12月下旬~令和6年1月中旬頃
公募締切 令和6年3月頃
採択結果発表 令和6年5月~6月頃

▼事業再構築補助金のHPはこちら
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/
▼事業再構築補助金の無料相談はこちら(2024年度に向けた相談も受付中)
https://planbase.co.jp/lp/saikouchiku/

この記事の執筆者

村上 貴弘

村上 貴弘

東京大学経済学部卒。行政書士。
在学中からフリーランスのコンサルタントとして中小企業、士業事務所の補助金獲得のコンサルティングを行なう。
2019年株式会社meditips(現:株式会社プランベース)創業。
2020年同社取締役就任。
2021年meditips行政書士事務所開業。現在はベンチャー企業や飲食店、製造業、建設業など幅広い企業の経営戦略立案や補助金申請支援を行なっている。